セルフイメージ研究所

自分らしく丁寧に生きる! 「セルフイメージ研究所(自分で信じる人生を実現する学び屋=セルフコーチングサイト)」です。 自分を「一番大切な友」として一生つきあう。 プロアクティブな人生「自己責任+行動」、健康・勉強・教育・ビジネスなど、モチベーション・氣づきにも効果があります。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND

シンボリックセラピー・アドバンスコースを修了して、日々の気になることやシンボル、夢日記・夢解読などシンボリックリーディングをしています。マヤ暦も読みます♪
【マヤ暦・シンボリックリーディング】

みんな♪幸せになるために生まれてきた。【体験する】【学ぶ】【楽しむ】脳機能・量子学・健康・自然環境・バランスを意識した生活など「地球を楽しむ!」「自然との共存!」を目的としたメモブログです。

健康・免疫力アップを意識した生活
(妊活・高齢妊娠出産・アンチエイジング)
ヒントや参考をコメント追加し続けています






オランダのお土産「新種チューリップの球根」を育てて咲かせてみました。毎年咲かせたいな。幸せな生活♪最高の人生♪のために無料でご紹介できる(音声・レポートダウンロードやCD教材をご案内しています。
無料音声ダウンロード・教材集はこちらです

RECOMMEND
RECOMMEND
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ
SEARCH

TWITTER

CATEGORIES
MOBILE
qrcode
 
2010年3月25日の5つの課題

1.面白い人生ってどんな人生だろう?

「あの人は面白い人生を歩んでいる」とか、「つまらない生き方はしたくない」とか言いますね。 面白い人生って、どんな生き方なのでしょう? 人それぞれ違うと思います。 「アナタにとって面白い人生」ってなんでしょう?



2.アイデアを磨くにはどうしたらいいだろう?

原稿を書いたり、企画を立てたり。 そんな時、アイデアに行き詰まったり、アイデアは出てきたけど形にするのが難しかったり、「なんかちがうなあ」と感じることは多々あると思います。 自分のアイデアをもうひと磨きしたい時や違和感の原因を突き止めたい時、アナタはどんなことをしていますか?



3.目標はありますか?

どんな目標を持っていますか? 仕事のこと、趣味のこと、勉強のこと、あるいは家庭のこととか、それぞれいろいろな達成したい目標があると思います。 あるいは、目標を持っていないことで、焦りを感じたりすることはありませんか?



4.後悔や未練を感じたことはありますか?

過去を振返って、「なんであのひと言を言ってしまったんだろう」「あんなことしなきゃよかった」「あれをしておけばよかった」なんていう、後悔や未練を感じたことはありませんか?



5.楽しさはどこから生まれてくるのだろう?

同じことをやっても、楽しいときと、楽しくない時があります。 一体どんな差があるのでしょう? 楽しさとはどこから生まれてくるのでしょう? これは自分に投げかけるいい質問ですね。 自分の「機嫌をとったり」「ご褒美をあげる」「褒める」などは、日々の生活で必要なことです。 自分の好きなことはキチッと把握して、お友だちのようにもてなしてあげましょう。




※ 五十日ごとに5つの課題(ヒント)をだします。 自分に語りかけてみたり、周りの方との話題にお使いください。 アナタに新しい風(生活・ビジネスのヒントやひらめき)を与えてくれるでしょう。


http://123direct.info/tracking/af/139418/mZ03mYms-xErXB8Jb/
■ ジェームス・スキナー「ダイナミックな人生を生きる方法」音声無料mp3ダウンロード



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 一般教養へ
にほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ
にほんブログ村


花 ランキング参加してます!いつもありがとうございます♪



より自分らしい!充実した毎日を過ごすための「セルフイメージ研究所」(自分研究所)です。勉強・仕事などの効率、モチベーションアップなどにも効果があります。
セルフイメージ研究所


JUGEMテーマ:引き寄せの法則


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://selfpagina-jp.jugem.jp/trackback/919614